忘れられないコーヒーの味 ~ゴルカ郡コーヒー農家の偉大な前進
ネパール事務所 小林麻衣子

2024/02/27

みなさん、ナマステ(こんにちは)。

ネパールのビクラム歴10番目の月であるマーグ月の1日に(2024年1月15日にあたります)、ゴルカ郡サヒッドラカン地区で、「農業フェスティバル」が盛大に開催されました。

これは、毎年この日に地区行政が主催する一大イベントで、村中の農家や農業グループなどが自ら生産したものの展示や販売を行う他、顕著な努力や功績が認められる個人やグループが表彰される日でもあります。

 
イベント会場に集まった地域の人々。奥の家屋では2階や屋上から見物する人も!

アムダマインズは2021年から、この地区と、隣接するガンダキ地区の2地区でコーヒー栽培の普及支援を行っており、ちょうどこの日が「ネパールコーヒーの日」でもあることから、対象地域のコーヒー栽培農家さんと一緒に同イベントに出展することにしました。

ちなみに、「世界コーヒーの日」は、西暦では毎年10月1日に設定されているのですが、ネパール独自の暦に沿った10月1日に祝うというのが、なんともこの国らしいです。

 
アムダマインズのブース。イベント開始から終了までたくさんの人でにぎわいました。

さて、この日、アムダマインズのブースで用意したのは、コーヒー栽培・加工のプロセスを紹介する展示、焙煎と抽出の実演、そしてコーヒーの試飲・販売です。

村には大掛かりな焙煎機はもちろん、抽出に必要なエスプレッソマシンやコーヒーメーカーもありませんから、すべてがローカルメイド。深いアルミの鍋に入れた生豆を、束ねた菜箸(のようなもの)でかき混ぜながら焙煎し、ミキサーで粉砕した豆を手鍋で軽く煮出し、茶こしでこしてカップに注げば立派なコーヒーの出来上がりです。

焙煎の芳ばしい香りに誘われて、ブースの周りには人だかりができました。

1月のネパールは日本と同じく、1年の中でも特に寒い時期。あたたかいコーヒーに来場者もほっと一息。

用意した300杯分の試飲用コーヒーはあっという間になくなり、「お金を出してでも飲んでみたい」という人たちのために販売用焙煎豆の袋も開けてコーヒーを用意したところ、さらに50杯ほど飲んでもらうことができました。また、「家で飲めるなら焙煎豆を買って帰る」という人もおり、その日だけで約9,000ルピー(約10,000円)もの売上げがありました。この地域の農家1世帯あたりの年間平均収入が約70,000ルピーであることを考えると、上々の結果です。

対象地域から出展者として集まった22人の農家さん、そしてアムダマインズのスタッフが一丸となり、コーヒー栽培による生計向上の可能性だけではなく、そのおいしさも含めたコーヒーの魅力を、村中の人たちに伝えることができました。

ゴルカ郡におけるコーヒー産業の可能性や、アムダマインズの取り組みについて来場者に説明する現地スタッフのGautam(右端)。

中には、「家でもコーヒーの木を栽培しているけど、こうやって飲むのは生まれて初めてだよ。忘れられない味になるなぁ」と顔をほころばせる人もいました。さらにうれしいことに、毎年5人に授与される「ベストファーマー賞」に選ばれたのは、全員がアムダマインズの活動でコーヒー栽培をしている農家さんたちでした。

このイベントが、既にコーヒーを栽培している農家にとってはもちろん、新たにコーヒー栽培に挑戦しようとしている他の農家にとっても、大きなモチベーションになったことは言うまでもありません。

いつの日か、農家さんたちが「ゴルカ郡でコーヒー栽培をやっている」と胸を張って言えるようになる日が来ることを信じ、また日々の活動に励みたいと思います。

 

小林麻衣子(こばやしまいこ)
ネパール事務所 事業統括

外国語の学習が好きで、大学ではヒンディ語を専攻。バックパックを背負って毎年インドを訪れる。大学院を休学して長期滞在したインド・ビハール州の農村で、村の人たちと生活を共にしたことが「地域開発」に興味を持つきっかけに。国際学修士を取得後、青年海外協力隊員としてスリランカで活動。2008年にアムダマインズ入職後は一貫してネパール事業に携わる。最近はまっているのは、自宅でのパン作り。一大決心して導入したホームベーカリーとオーブンのおかげで、食生活の充実だけでなく娘とも楽しく料理できてQOLが爆上がり。岡山県出身。


メルマガでも情報発信中

現地からの活動報告やイベント予定などを配信しているメールマガジンにもぜひご登録ください!

過去のメールマガジンはこちらでご覧いただけます。